dTVチャンネル

dTVチャンネルは同時視聴できる?マルチデバイス機能と合わせて解説

この記事では、dTVチャンネルの同時視聴への対応状況とマルチデバイス機能について紹介しています。

dTVチャンネルは同時視聴できない

2018年の1月からサービスの提供を開始したdTVチャンネルですが、今のところ同時視聴には対応していません。

実際に複数のデバイスで同時視聴をおこなおうとすると、『他のデバイスが視聴しています』というエラーメッセージが表示されます。

dTVチャンネルは、地上波テレビ放送のようにリアルタイムで番組が放送されるタイプの動画配信サービス録画をすることもできないので、同時視聴ができないのは残念ですね。

また、同じdocomo(ドコモ)がおこなっている動画配信サービスのdTVやdアニメストアも同時視聴には対応していないので、今後もdTVチャンネルが同時視聴に対応する可能性はかなり低いと思われます。

[say name=”ダースモール” img=”https://vod-mag.info/wp-content/uploads/2018/05/darth_maul.jpg”]見たい番組が重なってしまったときはどうしたらいいんだ…。[/say]

[say name=”BB-8″ img=”https://vod-mag.info/wp-content/uploads/2018/05/bb-8.jpg” from=”right”]見たい番組が見逃し配信されるのを祈るしかないね…。[/say]

 dTVチャンネルの録画機能について

 dTVチャンネルの見逃し配信機能について

dTVチャンネルはマルチデバイスで楽しめる

dTVチャンネルは、同時視聴にこそ対応していませんが、複数のデバイスで利用可能なマルチデバイスには対応しています。

dTVチャンネルの視聴に対応しているデバイスは、以下のとおりです。

  1. パソコン
  2. スマートフォン
  3. Chromecast
  4. ドコモテレビターミナル

dTVチャンネルはパソコン、スマホ、タブレットといった端末から楽しめるのもはもちろん、ドコモテレビターミナルやChromecast(クロームキャスト)を使えばテレビで楽しむこともできます。

マルチデバイスの機能により1つのアカウントに複数のデバイスを登録できるので、『リビングではテレビの大きな画面で家族と一緒に』『寝室ではスマホやタブレットを活用してプライベートで楽しむ』というようにさまざまな楽しみ方が可能になります。

一つのアカウントに登録できるデバイスの数は5台まで

dTVチャンネルにはマルチデバイスの機能がありますが、登録できるデバイスの数には上限があります。

一つのアカウントで登録できるデバイスの数は5つまでです。

登録できるデバイスの数に上限はありますが、5つも枠があるので、1人で利用するのはもちろん家族間での利用にも十分対応できるかと思います。

dTVチャンネルの同時視聴とマルチデバイス機能についてのまとめ

dTVチャンネルの同時視聴への対応状況とマルチデバイス機能について解説してきました。

今回紹介してきたことをまとめると以下のようになります。

  1. dTVチャンネルは同時視聴には非対応
  2. マルチデバイスには対応
  3. 利用する時間をずらせば複数のデバイスで利用可能
  4. 一つのアカウントに登録できるデバイスは5台まで
  5. 登録するデバイスの種類に制限はない

このように、dTVチャンネルは同時視聴こそできませんがマルチデバイスには対応しています。

時間さえずらせば複数人で楽しむことができるので、ぜひマルチデバイスの機能をフル活用して楽しんでくださいね。