dTV

スマホとテレビをHDMIでつないでもdTVが見れない場合の対処法

dTVはスマホやタブレットを使えばどこでも動画を楽しめるので便利なんですが、スマホやタブレットなどの小さな画面だとどうしても迫力にかけてしまいます。

迫力のある作品や映像が綺麗な作品は、やっぱりテレビの大きな画面で楽しみたいですよね?

dTVはHDMIケーブルでのテレビへの出力に対応しているのでHDMIケーブルを活用すればテレビでも楽しむことができますが、いくつか注意しなければいけないポイントがありますしデメリットもあります。

実際僕もHDMIケーブルを使ってテレビでdTVを見ていたのですが、HDMIケーブルを使った方法以外にもdTVをテレビで見られるようになる方法があるのを知って、それ以来その方法でdTVを満喫しています。

そこでこの記事では、dTVをHDMIケーブルで見る方法とHDMIケーブルで見るときの注意点やデメリットについて触れながら、HDMIケーブルで見る方法よりも快適にテレビでdTVを見る方法について紹介していきたいと思います。

dTVはHDMIケーブルで見るには変換アダブタが必要

国内で利用可能な動画配信サービスの中には、HDMIケーブルでのテレビの出力に対応していないものもありますが、dTVはHDMIケーブルでの出力に対応しています。

HDMIケーブルでのテレビの出力に関してはdTVの公式サイトにもしっかりと記載されているので間違いありません。

dTVをテレビで見る

スマートフォンとテレビをケーブル接続するだけで、dTVを大画面でお楽しみいただけます。

お持ちの端末機種によって必要なケーブル等が異なりますので、あなたのスマホに合った視聴方法をご確認のうえお楽しみください。

引用元:dTV公式サイト

「公式で認められている方法ならHDMIケーブルを使った方法でいいじゃん」と思うかもしれませんが、HDMIケーブルを使ってdTVをテレビで見る方法にはいくつか注意点とデメリットがあります。

HDMIケーブルを使う方法の注意点

まず、現在発売されているスマホやタブレットのほとんどがHDMI端子を搭載していないので、「MHL変換アダプタ」や「MHL変換ケーブル」というものが必要になってきます。

created by Rinker
ELECOM(エレコム)
¥1,295
(2019/12/08 14:31:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ELECOM(エレコム)
¥1,587
(2019/12/08 21:37:14時点 Amazon調べ-詳細)

また、先ほど紹介したdTVの公式サイトからの引用部分にも掲載されているように、どのケーブルが必要になるのかは使用しているスマホやタブレットによって異なるので注意が必要です。

さらに、これらのケーブルにはスマホやタブレットとの相性があり、相性が悪いケーブルを使うと上手く見れないこともあるのでそこにも注意しなくてはいけません。

HDMIケーブルを使う方法のデメリット

「MHL変換アダプタ」や「MHL変換ケーブル」を購入するにはお金がかかります。

「MHL変換アダプタ」や「MHL変換ケーブル」の価格はピンきりですが、安くても1,500円以上はします。

お使いのスマホがiPhoneの場合だと、純正のアクセサリー以外は相性が合わないことが多いので純正の変換アダブタを購入する必要がありますが、iPhone用の純正アダブタは5,000円近くもします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,778
(2019/12/08 14:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

また、先ほども説明した通り、アダプタやケーブルによってはお使いのスマホやタブレットと相性が合わないこともあるので何回か買い直すはめになる可能性もあります。

実際、僕は2回ほどケーブルを買い直しました(泣)

テレビでdTVを見たいなら「Fire TV Stick」を活用しよう

HDMIケーブルと使っての視聴に向いているとは言えないdTVですが、Amazonから発売されている「Fire TV Stick」というメディアストリーミングデバイスを使えば、一瞬でテレビでdTVが楽しめるようになります。

メディアストリーミングデバイスというのはテレビのHDMI端子に接続して使用する機械で、dTVを含むさまざまな動画配信サービスがテレビで楽しめるようになります。

dTVに対応しているメディアストリーミングデバイスは、

  • Amazon Fire TV
  • Amazon Fire TV Stick
  • Chromecast

と、いくつか種類がありますが、

  • 価格
  • 対応している動画配信サービスの種類
  • 手に入りやすさ
  • 操作性

などで比較した場合、「Fire TV Stick」が一番おすすめのデバイスになります。

「Fire TV Stick」とWi-Fi環境さえあれば、すぐにテレビの大画面でdTVを満喫できるようになりますよ。

また、もし自宅にWi-Fi環境がないという方は、別売りの「イーサネットアンテナ」を「Fire TV Stick」と合わせて購入することで無線ではなく有線でインターネットに接続することも可能です。

もしくは「Wi-Fiルーター」を購入して、この機会に自宅にWi-Fi環境を整えるというのもおすすめです。

まとめ

「Fire TV Stick」は5,000円ほどするので「MHL変換アダプタ」や「MHL変換ケーブル」に比べると若干高くはなってしまいますが、実際にテレビでdTVを見るときの快適がまるで違います。

また、持っているスマホやタブレットとアダプタやケーブルとの相性が合わなくて買い直さないといけなくなってしまうことを考えると、最初から確実な方法を選んだ方が良いでしょう。

実際に僕も「Fire TV Stick」を使ってテレビでdTVを楽しんでいますが、やはり大きな画面の方がより映画やドラマを楽しむことができるのでかなり重宝しています。

「Fire TV Stick」はAmazonのオリジナル商品の中でも特に人気の高い商品ですが、さすがに売り切れてしまうというようなことはないかと思います。

ただし、dTVで配信されている作品の中には配信期間が決まっているものがあったりもするので、今dTVで配信されている作品の中で見ておきたいものがあるのであれば、早めに「Fire TV Stick」を購入して視聴するのがいいかなぁと思います。

「あの作品見たかったのにもう配信終わってる…。」とならないようにしてくださいね。

また、今現在dTVでは31日間無料で体験できる期間限定のキャンペーンをおこなっているので、まだdTVに加入していないという方はこのチャンスに加入してみてはいかがでしょうか?

dTVの無料体験はこちらから